インテリア照明で素敵なお部屋を演出

部屋の模様替えやインテリアの雰囲気を変えるために、新しい家具を購入したり配置換えを行ったりしますが、照明を変えるだけで、ガラッと雰囲気を変えることができます。数多くあるインテリア家具の中でも、比較的安価で購入でき、効果が非常に高いのが照明の特徴と言えるでしょう。手間やお金を掛けずに模様替えなどを行いたい場合は、お薦めです。照明を使った模様替えは、リビングや寝室など、特にリラックスしたい場所で本領を発揮します。

部屋のテイストやスペースに合わせた照明選びで、部屋の模様替えをしてみてはいかがですか。また、省エネを考えるならLED蛍光灯に替えるといいでしょう。

各場所に適したインテリア照明

 

リビング
明るくしてしまいがちなリビングの照明。あまり照明が眩し過ぎると、せっかくのくつろげるスペースなのに、気が散ってくつろぐことが出来ません。パソコンやテレビの画面の明るさは、悪目立ちしない程度の照明が理想的。

リビングや寝室など、雰囲気を大切にしたい場所に適している照明は、白熱灯でしょう。白熱灯は蛍光灯に比べると暗く感じるかもしれませんが、暖かい空間を作り出すことができます。カフェなどのお店では、ほとんど白熱灯が使用されています。

 

ダイニング
食卓は料理が美味しそうに見える白熱灯が効果的ですが、明るい雰囲気を演出したい場合は、蛍光灯がお薦めです。蛍光灯はあざやかな白色で、室内を明るく照らすことができます。蛍光灯は消費電力が少ないため、長時間点灯するのに適していると言えるでしょう。

 

サニタリー

お客様を迎える玄関では蛍光灯が明るい印象を与えて効果的ですが、バスルームやトイレでは青白く見えてしまうため、白熱灯がお薦めです。

間接照明は空間の演出によって

日本で一般的な部屋の照明と言えば、天井にひとつの照明をつけて、それで部屋全体を照らしている作りです。日本では蛍光灯の明かりが、昼間のように部屋全体を照らしてくれるため、ひとつの照明しか使わないのが一般的になっていると思います。

しかし、外国人は日本の部屋は照明が明るすぎると良く言います。アメリカでは多くの一般家庭で、「間接照明」を使って高級な部屋の雰囲気作りを演出しています。「間接照明」とは、直接光源が見えない壁や天井など、建築物の躯体に光を当てて、反射光で室内を照らす照明のことを言います。

何か物を見せるための照明ではなく、「空間を見せる」ための照明作りなので、カフェやバーで多く取り入れられている方法です。
照明の組み合わせでこのメリットがアップすると言う事も覚えておきましょう。
はやはり安眠出来るところでしょう。基本的な間接照明のテクニックについて、軽くご紹介したいと思います。

天井に光をあてるテクニック

間接照明は一般的な照明と違い、照明器具から発した光を一度何かに当てることで、やわらかい反射光を作り出す方法です。天井に間接照明を当てると、柔らかい光が部屋全体を包み込んだような雰囲気になり、リラックスした空間を演出することができます。

天井に光を当てると言っても、いまいち思い浮かばないかもしれませんが、良くお店などではランプで店内を照らして、落ち着いた雰囲気を演出したりしています。

壁に光を当てるテクニック

壁に光を当てると、部屋に光が当たる場所と当たらない場所が生まれます。そうすることにより、部分的に「明るさの濃淡」を作り、部屋全体を立体的にを演出することができます。

壁に特殊な素材や違った壁の素材を使っている場合など、壁に光を当てる方法が壁の質感を引き出すのに最適ということです。テーブルの上にローソクやランプを置くのもこの方法になるでの、一度試してみるのもいいかもしてませんね。

おすすめWEBサイト 5選

2015/1/15 更新

インテリアコーディネート術