インテリア・家族団欒・食の彩りとテーブルの役割は様々

食事をしたりソファに座ってコーヒーを飲みながら会話したり、普段何気なく使っているテーブル。世界にあるテーブルの中で最も古いテーブルは、一枚の板を4本の多角形の柱で支えたもので、紀元前1600年頃のエジプトで使われていたテーブルだと言われています。

そんな昔から使われていたテーブルの選び方も、購入の際は注意したいですよね。現在一般的なテーブルの大きさは「4人掛け」ですが、食事をするときなど4人が座ったときに窮屈にならない程度のサイズを選ぶのがベストです。インテリア家具として、また部屋のサイズに合うテーブルかどうかで選びがちですが、一番良いのは座ったときに「ゆとり」があるテーブル思います。ゆとりのあるテーブルであれば、食事以外にインテリアや一輪挿しがちょこっとディスプレイできたり、その空間を彩る工夫もできますね。動物雑貨から干支を選んでテーブルコーディネートに入れてディスプレイをする人も多いみたいです。家具・インテリアとして、「ゆとり」のあるテーブル選びをしてみませんか?

「ゆとり」をもったテーブル選びを

テーブルを選ぶとき、やはり「ゆとり」のあるテーブルを選びたいですよね。そのためにはただでかいだけじゃダメ。「ゆとり」のあるテーブルの高さは、その人の身長と椅子の高さで決まります。

テーブルを選ぶときには、普段通りの格好(自宅で利用するように、スリッパや裸足など)で椅子に座って、座っときにかかとが浮いていないか、ひざの裏に自分の握りこぶしが入るぐらいがちょうどいい座面高です。かかとが浮かず、握りこぶしもちょうどひざの裏側に入るなら、椅子の座面高から一般的に27〜30cmを加えた高さが、「ゆとり」のあるテーブルの高さになります。もちろん、ソファとの相性も大事になります。

用途

奥行き

2人掛用

60〜90
80

4人掛用

140〜160

80

6人掛用
180〜200
90

お洒落なテーブル紹介

ここでは、ちょっとだけテーブルをご紹介。

コーヒーテーブル
シンプルなデザインが人気のコーヒーテーブル。落ち着いた空間作りを演出できます。和のインテリアにも合うテーブルのひとつです。ソファに座ってのんびりとコーヒーを飲むことができます。

 

ダイニングテーブル
スタイリッシュな印象がある、ダイニングテーブル。ストレートなライン、存在感のある細い脚、落ち着いた安定感を与える北欧スタイルのダイニングテーブルです。

 

エクステンションダイニングテーブル
魅力あるダイニングテーブル。太い脚のデザインが特徴。とても安定感のある外観は、シックで落ち着いた雰囲気のダイニングを演出できます。伸張させて使えば、パーティーなどにも使える機能性の高いテーブルです。


テーブルに関する豆知識

ダイニングテーブル
主に食事をするためのテーブルのこと。ダイニングの主役ともいえる重要な家具なので、インテリアには重要な家具のひとつになります。テーブルと組み合わせやすいソファも多く扱っている為、模様替えや買い替えのときは利用してみてはいかがでしょうか?
エクステンションダイニングテーブル

伸張させて使えるダイニングテーブルのこと。パーティーなど必要に応じてテーブルサイズを広げることができるため、とても便利。

個性溢れるテーブルの紹介

テーブルにも、様々な種類のテーブルがあります。いくつかその種類をご紹介したいと思います。

アンティークテーブル

カウンターテーブル

折りたたみテーブル

ガラステーブル

サイドテーブル

ダイニングテーブル

ガーデンテーブル

こたつテーブル

ちゃぶ台

Favorite

Last update:2015/1/15

インテリアコーディネート術